福祉の里 介護スクールは愛知・岐阜の介護資格研修スクールです。

受講申込 資料請求 フリーダイヤル ヘルパー

HOME > 福祉用具専門相談員 > 福祉用具専門相談員とは

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員とは

福祉用具専門相談員は、高齢者、障害者、その家族等が福祉用具を利用する際に専門的知識、技術をもって、選び方や使い方について相談助言し、選定を行うとともに適切な利用についてサポートする専門職です。

 

  • 福祉用具とは、高齢者や障害者の生活を支援する用具の総称
    (介護ベッド・車いす・トイレ用品・入浴用品など)
  • 介護保険上、重要な資格です。
  • 福祉用具の貸与(レンタル)事業を行う場合は、必ず2名以上の福祉用具専門相談員の配置が義務付けられています。

福祉用具専門相談員養成研修

講義 50時間(通学) + 筆記試験  (全8日間)
講義の内容
  1. 福祉用具と福祉用具専門相談員の役割(2時間)
  2. 介護保険制度に関する基礎知識(4時間)
  3. 高齢者と介護・医療に関する知識・技術(16時間)
  4. 個別の福祉用具に関する知識・技術(16時間)
  5. 福祉用具に係わるサービスの仕組みと利用の支援に関する知識(7時間)
  6. 福祉用具の利用の支援に関する総合演習(5時間)
  • 福祉用具の貸与(レンタル)・販売に必要な知識を学びます。
  • 福祉用具の選定のためのポイントを学びます。
  • 事例を使って福祉用具のサービスの流れを学びます。
    (サービス計画書の作成〜用具の導入〜利用状況の確認)
受講料 45,000円(税込、テキスト代込)

弊社でヘルパー2級研修及び介護職員初任者研修を修了された方は、5,000円値引き致します。

将来性 今後、要介護高齢者の増加によりお客様の要望がますます増えます。
無資格の人はもちろん、ケアマネジャー、
介護職員初任者研修などの資格と併せ持つことで仕事の幅も拡がります。